ガラルルーキーズの備忘録・感想

久々のブログの更新です.ブログとしては初めてのポケモンの話題です.
まずは,ガラルルーキーズ参加者の皆様お疲れさまでした.
本題では,自分用のメモとして備忘録を書き連ねていきます.
一応,ネットの海を彷徨いたどり着かれた旅人の方としてはお前の感想なんてどうでもいいよ.
構築はもっと別のしっかりした人の物を見るよ.
とお思いになる方も多いと思いますので構成としては軽く今回使用したパーティの紹介から入り,今回の大会を通して感じたこと思ったことを書いていき,最後に構築の紹介と感想を書いていきたいと思います.
よろしくお願いいたします.

1.ガラルルーキーズで使用したパーティについて
詳細,作成経緯は後述します.
結論から申し上げますと
・嘘泣き腕白HBハバンオーロンゲ
・臆病CS珠インテレオン
・控え目HCチョッキジュラルドン
・勇敢HAルームサービスダイオウドウ
・陽気ASスカーフヒヒダルマ
・臆病HSサイコシードフォクスライ
の嘘泣きオーロンゲ+インテレオンを軸としたパーティを使用しました.

2.備忘録・今回得た知見・思ったこと
では,本大会を通して私が得た知見をまとめていきたいと思います.

・セキタンザンについて
セキタンザンの種族値をご存じであろうか.
110-80-120-80-90-30(510)と耐久力は本大会においてはトップクラスにあるがその弱点の多さ(特に水・地面というメジャーどころ(?というのも今回使用できる地面タイプは数が少ないため本大会ではメジャーと言い切ることはできないかもしれない.しかしどこから飛んできてもおかしくないタイプではある.)が4倍弱点)から耐久が優れているとは言い難く,また,ACの値も決して高いとは言えず(むしろ低い),合計種族値510は本大会においては非常に高水準(というのも本大会にける最高はドラパルトの600でその下がジュラルドンの535だったのである.)であるもののACが同値と無駄が多く強さを感じていなかった.しかし,ドラパタンザンは強かった.というのも味方のドラパルトの波乗りにより蒸気機関を発動させSを6段階上げるとSを振っていればドラパルトを上回る速さとなり弱補で火力を2倍にし,さらにその技範囲の広さ,キョダイフンセキの強さから無双する怪物と化する.私もキョダイインテレオンは高乱数でダイロックを耐えるから大丈夫でしょと鷹をくくっていたところダイソウゲンで枯れ切った大草原をはやすことしかできなかった(激うまギャグ).ほぼ4タテにあい,オーロンゲで妨害をしようとするも隣のドラパルトがサイドチェンジでかき回してきたり壁を貼ってきたり攻撃してきたりと器用すぎるドラパルトと技範囲が広く弱保で強力になったセキタンザンの前に一度は完全敗北をした.そのため,ドラパタンザンは非常に強力であると感じた.
しかし,それと同時にドラパタンザンの弱さにも気が付いた.
確かに,6段階S上昇セキタンザンはドラパルトをも上回る高速で移動する暴走トロッコと化する.
しかしそれが4段階S上昇ないしは2段階S上昇になるとどうだろうか.
2段階上昇状態,つまりS6段階上昇で4.0倍だが麻痺によりS半減してSが2倍にしかならない状態である.麻痺になると最速であろうと最速インテレオンのほうがセキタンザンを上回る.また,確かにSを振っているセキタンザンならばS4段階状態,つまりこちらのオーロンゲが怖いかおをした状態であってもインテレオンの素早さを上回ることができる.しかし,現実はそうではなかった.怖い顔によりSを2段階下げてあげるだけでインテレオンの方が先行できなみのり+ねらいうちで確実にセキタンザンを落とすことが可能になっていた.実際セキタンザンの立場になって考えてみると火力と耐久を両立させるためにドラパルト抜きの無補正S28振りが現実的で残りはAC/Hに振りたくなるし,そちらのほうが十分対応力は上がる.しかし,このSの甘さが私のパーティには好都合であり,ドラパタンザンへの恐怖を和らげた.
また,セキタンザンで速度の上だけでなくトリルのような鈍足よりのパーティも見ようとしている構築に何度も出会った.しかし,それは可能なのであろうか.トリルパにはデスバーンやダイオウドウのような地面を打てるポケモンからブリムオンのマジカルフレイムでS上昇させて下から狩るパーティから結局下から行動できずに戦闘不能になる印象を受けた.実際私もダイオウドウで下から10万馬力で確実に落とした.そのため,セキタンザンというポケモンはS30族という鈍足種族値から想像できないほどSの調整がシビアなポケモンであると感じた.
中途半端にSを振っていることによる弊害でトリル下で下から縛られるという問題であるが,持ち物が弱保であることを生かしてヤドンでじならしをしてSを落とし弱保発動させるという非常に面白い型を見た.
ドラパルト/セキタンザン/イエッサン/ヤドン+2体...果たしてそのようなパーティでまとめきれるのかは謎である.これをくみ上げるのがうまい人なのだろうなと思う.

アイテムルームサービス
私はダイオウドウにルームサービスという道具を持たせていた.ルームサービスが黒い鉄球の劣化であると考える方がいるならその考えを少しでも改めてもらおうとルームサービスについて少し記述する.
ルームサービスとはトリックルーム発動しているときに出てくる,あるいは場にいる状態でトリックルームが発動するとSが1段階下がる使い捨てアイテムである.一見すると常にSを半減し永続する黒い鉄球に分があるように感じる.しかし,この道具の強さは縛りにある.例えば通常下においてS30のダイオウドウはS29のブリムオンを縛っている状態にある.(実際はハバンが多いがトリル始動役のブリムオンはダメージを負っていることが多かったり何らかの方法でダイオウドウのAが上がっていたりそもそもマジカルフレイムは耐えるためダイオウドウの方が何かと有利ではある.)では,トリックルーム下ではどうだろうか.そう,ルームサービスの効果でSが1段階下がったためダイオウドウの方が遅くなり先に行動できるようになるのである,結果,ダイオウドウはブリムオンを縛ることができるのである.トリル非トリル関係なく相手を縛ることのできるルームサービスはトリルを使わないパーティでの対トリル要因に持たせるアイテムとしては非常に優秀である.
また,このアイテムの存在は最遅個体である必要をなくすと考えている.S30のポケモンは今回非常に多く計6体もいた.そのため,同速対決が起こってもおかしくはなかった.しかし,ルームサービスにより通常個体であっても最遅個体よりどちらにせよ早く動くことが可能となった.これは,同速対決の運ゲーを必然のゲームへと昇華することができる.
私はルームサービスをバンギラスに使用されこのアイテムの強さを知った.ガチトリルには採用が難しいかもしれないがトリルメタポケモンに入れるには十分な性能であると考えられる.じならしにだけは注意しなければならない.

以下メモ
サニゴーン

イエブリ
スマブラで例えるならルキナ.使い手を選ぶ.強いけど弱い.
ドラパルト
ダイジェットつよい
インテレオン
準速インテレオン<S↑↑S無振りアーマーガア<最速インテレオン
アーマーガア
やっぱりつよい
タチフサグマはあくタイプだからいたずらごころ無効

3.構築

今回はガラルルーキーズ、ガラル地方で新たに発見されたポケモンしか使用することができない。ということでどこから考え始めるか非常に悩みました.
ランクマッチのほうから知見を得ようとサーフィンをしているとどうやら嘘泣きオーロンゲ+インテレオンが実際結果を残しており,扱いやすく強いのではないかと思いオーロンゲとインテレオンを軸に考えていくこととしました.
次に入ってくるのは早くて特殊技が豊富なポケモン,つまりドラパルトを入れました.
そしてのろいを使えるトリル対策のダイオウドウ.
お掃除役のヒヒダルマ,電気の通りの良さから眼鏡もってオーバードライブ打ったら最強じゃね?から生まれた眼鏡ストリンダー
この6匹から入りました.
そして大会前3戦だけ友人と戦いました.友人のコオリッポ・マッギョ・マルヤクデ・ジュラルドンの前に惨敗しました.
おかしいなにかがおかしい.自分自身のプレイングの弱さ・構築の甘さを知りました.
そして大会当日に重大な欠陥に気づきます.
そうオーロンゲがイエッサンに絶望的に弱くサイコフィールド下で詰むことです.
困りました.
これではコンセプト崩壊です.
もうガラルルーキーズは始まる前に終わってしまうのでしょうか.
???「そんなことはないよ」
わたし「おまえは?」
🦊さん「やあっ」
そう,イエッサンが見えたらフォクスライを投げればいいじゃない.
自分のパーティではサイコフィールド張れないのにサイコシードフォクスライ??
🦊さんは言いました「軽業が発動したら上から嘘泣きが打てるよ.発動しなくてもイエッサンやジュラルドンにバークアウトでC下げられるよ.ちょうはつできるよ.マッドショットでS操作できるよ.」
私は彼を採用することに決めました.
その結果最後の1枠をストリンダー君・ドラパルトくんから決めることになりそうでした.
ですが私は特殊ドラパルトならジュラルドンでいいのでは?と気づきました.
そしてジュラルドンが入ってきて完成です.

f:id:repare:20200128021530j:plain

ガラルルーキーズ使用構築

 

では詳細
インテレオン@命の珠
臆病CS余りD
激流
140-x-85-177(252)-86(4)-189(252+)
ねらいうち/ふぶき/マッドショット/エアスラッシュ
単純なCS(火力)
臆病にしてよかったこと悲しかったことは上の備忘録に追記します.
余りDの理由はいずれ来るUBやダウンロード対策でいちいちBからDに振りなおすのが面倒くさかったからです.
45戦中45戦使用(先発率100%)
技は特にいうことなしのオーソドックスな型です.
ダイウォールが欲しい場面もありましたがどの技も切るのは不可能でした.
ねらいうちはハイドロカノンでいいと思いますが予想以上にこの指とまれ無視できるのが強くて一長一短な気がしました.
インテレオンがどれだけ暴れるかが勝敗を握るといっても過言ではありません.
ダイアースでジュラルドンに対して強いのが偉すぎた(ガラルルーキーズ始まるまで気づかなかったのでうれしい誤算)
ダイアースにより耐久アップも可能ダイジェットでドラパの上を取るのも可能.
隣のオーロンゲと合わせて相当な数大暴れしています.インテレオンは今大会最強クラスの強さだと思います.
ちなみに吹雪は全当てしてました.吹雪神です吹雪士郎です.メスですけど.

オーロンゲ@ハバンの実(鋼半減実)
腕白HB
いたずらごころ
201(244)-140-127(244+)-x-95-83(20)
ウルクラッシュ/嘘泣き/こわいかお/ねこだまし
今回のコンセプトの一角.普通のHB
一応HP16n-1にし,申し訳程度のミラー意識でSに20だけ.
どうせ行動順はオーロンゲ→オーロンゲ→有象無象なのでオーロンゲのミラーとかどうでもいいでしょと思っていた.
オーロンゲのソウルクラッシュでオーロンゲは確2なんですね.重要ですね.
怖い顔採用理由は命中率が100%であるから.正直相手のオーロンゲの電磁波のバグで負けた試合はあるのに電磁波クソ外しで勝った試合はないので電磁波の方が強いと思う.もしかしたら命中100だから落とさない試合が多かったのかもしれない.
また,S半減とS2段階下げの大きな違い(セキタンザンなどのS6段階上昇,アーマーガアに効くかどうか)バグによる勝ち筋の増加など電磁波の方が有利であることは多いと感じた.ここは電磁波だと思っていたら変えるのを忘れていた枠.
オーロンゲの猫だましは警戒されなさすぎいた気がする.正直ここは挑発にしていると思い込んでいた.対戦始まったらねこだましであった.しかし,オーロンゲの猫だましで相手のオーロンゲの行動を遅らせるなどできたので役には立った.

選出率45戦中34戦(うち先発34戦)
イエッサンが見えない限りは先発

ジュラルドン@チョッキ
控え目HC
すじがねいり
175(236)-x-135-189(252+)-70-108(20)
ラスターカノン/りゅうのはどう/10万ボルト/てっていこうせん
HP:16n-1
C:特化
S:残り

最後に適当に選んだガバ枠
シングル個体の流用
('_')?シングル個体の流用?
はい。シングル個体の流用です.
すじがねいりの効果正しく知らなかったんですもん.
ひらいしん効かないつえええええって思ってたんですもん.
ダブルでしか発動しないなんてそんな。。。
ただのHCです.S振りに関しては絶対に考えるべきだった.特にS↑↑でどこまで抜くか(オーロンゲが麻痺や怖いかおをまく場面が多かったため).というのもS↑↑でもスカーフダルマに上を取られるため,本構築においてはシビアに考えるべきだった.
チョッキである理由も何となくである.ちなみにシングルでは帯で使っていた.
適当に使っても強いし選出もほぼ確実にしていたのでジュラルドンは本大会最強ポケモンの一角であったことがうかがえる.
もう少し煮詰められたかもなあ.

選出率45戦中44戦(うち先発0戦)

ヒヒダルマ@スカーフ
陽気AS
ごりむちゅう
180-192(252)-75-x-76(4)-161(252+)
つららおとし/フレアドライブ/ばかぢから/いわなだれ
思考停止AS
余りDはいずれ来るダウンロード対策
お掃除枠.麻痺下でもある程度なら上をとれるの偉い.
意識が高かった.
スカーフ枠の中では95族というのが偉くて個人的には一番強いと思っている.
つららおとしはレンチとどっちの方がいいのかなあ
選出率45戦中27戦(うち先発0戦)

ダイオウドウ@ルームサービス
勇敢HA
ちからずく
207(76)-200(252+)-100(86)-x-101(94)-31(最遅個体)
アイアンヘッド/10万馬力/のろい/まもる
HP-B-DはHP/2=B=Dにできるだけ近づけつつHPを奇数にB<Dを意識した.来るべきダウンロードに備えて.
トリル相手には積極的に選出し後ろにおいておく.
ダイマ切ってダイアースダイスチルするもよしのろい詰むもよし.
正直相当強い.
選出率45戦中17戦(うち先発0戦)

フォクスライ@サイコシード
臆病HS
かるわざ
175(236)-x-76-114(52)-112-220(151)
バークアウト/マッドショット/うそなき/ちょうはつ
HP:16n-1
S:最速85族抜き
C:残り
コンセプトを崩壊させないための第二のうそなき枠
軽業が発動しないとインテレオンの上をとれないことをよく忘れてインテレオンの攻撃の後嘘泣きしていた.
フォクスライ見てもイエッサンを選出する構築は多い.また,後ろにイエッサンを隠す相手も多かった.
バークアウトは強い.フォクスライはよく無視されるので最後まで仕事をすることが多かった.
イエッサンに挑発を入れることも多かったが挑発よりはイカサマの方が強いと感じた.
(それよりマッドショットの方が使わなかったのでこっちをイカサマに変えるべきだった)
イエッサンを選出してこなくてもオーロンゲでなくフォクスライだから勝てた試合(バークアウトと挑発による牽制)も多かったため,フォクスライは今大会のダークホース的存在であると思う.
選出率45戦中11戦(うち先発11戦)
オーロンゲを選出しない場合はすべてこのフォクスライを先発させていた.

基本戦術
先発インテレオン+オーロンゲ
イエッサンが見えた場合
先発インテレオン+フォクスライ

後発ジュラルドン+ヒヒダルマ(対トリル:ダイオウドウ)
至極単純にインテレオンでダイマをオーロンゲが嘘泣きでサポートし確実に1体ずつ落としていく.ロンゲ生き残りなら嘘泣き怖い顔でサポートしつつジュラルドンで暴れる.インテレオン生き残りならダイジェダイアースでジュラルドンを強化.お掃除にヒヒダルマ
トリル相手の場合はダイオウドウを選出する.基本はインテレオンダイマ切りでトリックルームをさせない.されてもインテレオンはなんだかんだ生き残るので暴れるだけ暴れてダイオウドウで制圧しに行く.
先発ではなく後発からトリックルームを打たれる場合があるがむしろそれは打たせる.
後発からということは相手は相当削れている状態のため,ルームサービスダイオウドウで確実に上をとって制圧していける.

4.感想
ポケモンの対戦を本気で行うこと自体BW2以来7年ぶりの復帰という感じがしました.
大会に関してはそれこそ7年8年ぶりです.当時もBW,BW2でのダブルバトルの大会で当時も1700乗った記憶があります.
しかし,XY,ORAS, サンムーンとプレイはしていたものの対戦のモチベが余り湧かなくてずるずると来てしまい,私の高校時代ポケモンに費やしたあの日々は何だったのだろうと考え始めていました.
剣盾で本格的に復帰しようと思ったのは何となくです.
たまにはポケモンに本格的に向き合ってみようと心のどこかで思い立ったのかもしれません.
最高・最終レートは1718,307位と個人的にはとても満足しています.
1日目は予想以上に勝ち進めてしまって,9戦やって8-1で1600に乗り正直この時点でうれしかったです.1600がある意味一つの目標であり,逆にここから落ちることに恐怖していました.
2日目は3連敗スタートで1560あたりまで落ちてしまいました.ただ,落ち込むかと思いきや負けたのがお相手の方の袋叩きドラパルトサニゴーンでサニゴーンの前にパーティが半壊したわけですからもう笑いが止まらなかったですよ.まるで何時しかの樋〇楓ごとく「わたしが,サニゴーンに4タテされた,ぷ〇さんです」と叫びながらプ・リーグを開幕しそうになるくらいには笑顔でしたよ.そのあとも麻痺怯みの連続の負けと初めてのドラタンザンに崩壊で落ち込むまでもなく吹っ切れてましたよ.そこからは勝ちを積み重ね2日目は14-7,合計22-8で1690にのっけて1700チャレンジ目前まで行くことができました.
さあ1700行くぞと意気込んだ3日目も3連敗スタートでだらだら1650付近を彷徨っていました.しかし残り4戦で再び1700チャレンジまで持っていくと無事1700を超え叫びました.心で.残り3戦やるかこのまま1700をキープしてやめるか,正直42戦もやったんだから休めよって心の中の天使はささやいてきました.しかしなぞのおばさんは言います.「やりきったかい?」普段最後までやりきらない私ですからなにくそ(TKOK)と思い残り3戦することにしました.1780とかいう化け物に負けました.私はアーマーガアが本大会最強ポケモンだと信じて疑いませんでした.ダイアースダイスチルダイナックルで強化し自身はビルドまたは鉄壁で能力を上げ羽休めで相手を積ませる最強ポケモンであると.ダイアースダイスチル誰が使うんだよ.アーマーガアの隣におけるのかよと思い私はこの構築を完成させることができませんでした.ここで当たった方は完成させていました.ダイアースを打つポケモンはすぐそばにいたのです.インテレオンだったのです.初手インテレオンイエッサン♀でけん制し後ろからアーマーガアを投げてダイアースを打つ.これが一つの答えだったのだなと真理に気づくとともにインテレオンのハイドロカノンの前に溶けて蒸発しました.
残り2戦ゾンビになった私は1戦目を勝利に収め無事1700超えてさらに最後の一線も勝利し3日目は9-6合計31-14で1718.307位になったのです.(当時は191位でしたがそのあと116人に抜かれたぐぬぬ)
ガラル☆ルーキーズ,とてもとても楽しかったです.何をしてくるかわからないパーティだらけで,勝っても負けても終始笑顔でした(ただし麻痺バグは絶対許さない絶対にだ).また何が出てくるかわからない制限されたルールでやりたいものです.また,ダブルバトルの楽しさに改めて気づくことができました.私はシングルよりダブル派(キリッとか言いながらダブルを熟知していないところがありましたので今回少しでもダブルの楽しさ・奥深さに気づけたのではないかと思います.
対戦していただいた皆さん,ブログを読んでいただいた皆さん,ありがとうございます.

f:id:repare:20200128021600j:plain

最終レートと最終順位

 

 

ブログ書くの大変ですね書き終わりません.

英語論文を書こうとしてpdfLaTeXで詰まった話(acmart)

アニメ感想ゲーム感想ではなく初めてのまともな話です.
ただの私の備忘録です.

参考にしたサイト

TeX - TeX Wiki

PDFの作り方 - TeX Wiki

いきなり偉い人から数日後締切の論文に出すといいですよという強迫メールが来たため書こうかと重い腰をあげたのですが.
LaTeXフォーマットがoverleafにあったのでローカルでやりたくてダウソしてコンパイルしようとしたらエラーがずっと出続けて詰まった話です.

結論から言いますとコンパイラとpdf作成方法が違いましたとさ.(;´д`)トホホ
普段ワテクシ適当にggって出てきたupLaTeXを思考停止で使っていてイキってupLaTeXでええやん.LualaTeXとかなに?pLaTeXは百歩譲って認めるけど時代遅れやんなどと思っていたのですが私が情弱の時代遅れでした.

色々調べてみるとどうやら一概にLaTeXといっても色々な歴史的経緯があるみたいですね.
日本で主流なのはpLaTeX/upLaTeXでdivpdfmxを呼び出して一回dviファイルを作成してからpdfを作成する方法みたいで,欧米で主流なのはpdfLaTeXで直接pdfを作成する方法らしいですね.

でワテクシいつものようにupLaTeXでコンパイルをしようとしていたから怒られたみたいでここを変えてあげるとできるようになりましたとさ.
(\documentclass[sigconf,authordraft]{acmart}て書いてあったからよくわからんこれが原因だと思うじゃないですか)

私は普段はtexStudioで書いているのですがtexStudioで言うとビルド&表示と規定のコンパイラの2つを変えるとビルドに成功しました.

 

f:id:repare:20190517131336p:plain

変更前

f:id:repare:20190517131317p:plain

変更後




まだ詳しいことは勉強していないのでふわふわした内容ですが参考になればなと.
勉強しなきゃなあ...

アンジュ・ヴィエルジュ2話

夜と魔法が支配する世界  ダークネス・エンブレイス
祈りと神々が守護する赤の世界  テラ・ルビリ・アウロラ
科学と電脳が管理する白の世界 システム=ホワイト=エグマ
武器と軍隊が統治する緑の世界  グリューネシルト
私たちの住む青の世界  地球

実家のような安心感のある開幕のナレーション・息を吸うようにお風呂に入っている天音たち.
第一回でも書いたように『聖戦ケルベロス聖刻のファタリテ』や『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』を思い出す始まりでとてもワクワクしますね.
やっぱり大事なのは謎ナレーションなんですよ.


ところで未だに他の世界のことも世界崩壊のこともなにもわからないわけですがきっと後の話で回収されるのだと期待しています.

じゃあこの回の感想を書いていきます.
もちろんまだ見ていない方々もこれから先見ることになると思いますのでネタバレは控えめに行きましょう.

遠征に行く優秀組と基地で待たされ天音たち.
今回のポイントの一つは紗夜と天音の関係ですね.
紗夜はいわゆる主席クラスになりたいと考えていて日々努力をしている.つまり意識が高い.
一方パートナーの天音は常にふわふわしていて意識が低くてのんびり行こうというタイプ.
正反対の2人ですね.もちろん意識の差が不穏を生み紗夜は天音に対して自分はもっと上に行きたい,それなのに天音は全然努力していないという態度を取りギスギスしていたところああいう展開になるわけですが.

この意識の差の問題は現実世界でもよくありますよね.
私はほのぼの生きていきたいので常に上を目指す優秀な人たちを凄いなあとみることしかできないわけですが.
いや意識高い人たちは尊敬しますよね.

 

 

私はアニメ見てゲームして生きていきたい.

「はじまりの可能性」

「はじまりの可能性」

 

2話の最後の引きは面白いアニメのそれなのに面白さを感じられなかったところにこのアニメの可能性を感じますね.
何を言っているのかわからないと思いますがつまりこういうことです.少し前の作品ですと『コード・ギアス』.ちょっと前ですと『ようこそ実力至上主義の教室へ』のようなアニメは引きが秀逸で次回がとても気になり引き込まれるアニメでしたね.
この2話も最後の最後に急展開で次回がどうなるんだとワクワクしてもおかしくないような引きでした...しかしなぜだろうか,引かれなかったのである.
みんなが面白い面白い言っていて「俺は違うぜ」というよくいる斜に構えオタクのような見方をしたわけでなく純粋に楽しんだ...そう思っていたはずが何かが足りなかった.
作画だろうか雰囲気だろうかBGMだろうかキャラだろうか.ただ,今まで適当に見ていたりBGMとか適当だなあ作画ひどいなあと思っていても「おお!」と次回が気になることもよくある話である.しかしこのアニメからはそれが感じられなかった.これは大きな問題である.
私のアンジュ・ヴィエルジャ―としての能力の低さを思い知らされた.
また,自分のアニメへの姿勢がまだまだ甘かったのかもしれない.自分の未熟さにただただ涙を流すのみである.
アニメ…やはり奥が深い.

最後に何があったのか.是非みんなに見て頂きたい.

 

 

アンジュ・ヴィエルジュ1話

いよいよ視聴を開始したアンジュ・ヴィエルジュ

今回はその1話の感想を書いていきたいと思う.

 

さっそくだが感想を書いていこう.

謎の生物ウロボロスと戦っている女の子たちから場面は始まる.
主人公ぽい娘である紗夜ちゃん.
油断してやらかしかける.
ああ面倒くさい女だなこいつは.見た瞬間にわかってしまった.
そしてそれを支える天音ちゃん.この娘は一見あほっぽいキャラに見えて物事を一番見ているみんなの精神的安定となる支えなのだなと思った.

開幕謎のセリフ


夜と魔法が支配する世界  ダークネス・エンブレイス
祈りと神々が守護する赤の世界  テラ・ルビリ・アウロラ
科学と電脳が管理する白の世界 システム=ホワイト=エグマ
武器と軍隊が統治する緑の世界  グリューネシルト
私たちの住む青の世界  地球

 

地球はなんとかならんかったんか

気が付けば毎週の楽しみとなってしまうアニメの『聖戦ケルベロス聖刻のファタリテ』や『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』を彷彿とさせるような語り
ワクワクしますね.
そしてそこから始まる最高に高まるOP

 

 


このOPを見るためだけに生まれてきたといっても過言ではない.


OPの映像で世界崩壊などの言葉がチカチカ出てくるのはテンションが上がるので全人類見てほしいですね.
そこからアンジュ・ヴィエルジャーとしての道を歩んでほしい.

OPが終わってからの感想はお風呂.
お風呂
お風呂
お風呂
お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂

お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂お風呂
なんだこれは.
なんで日常がお風呂で終わってるんですかねえ
あと謎の光がずっと発されていて目が痛かった.
服を着て.

そして自分たちがランクが低いからEXR目指して頑張る.ランク制度いいですねー
ただやっぱり紗夜は自分はEXRになるからまじめにやってるから真面目にやらないなら帰ってみたいな真面目ちゃんぷりを出していましたが.


綺麗なフラグですね.
なぜかEXRの先輩に挑む主人公たち.
EXRの先輩たちが強かった.

まだ1話.まだ11話もある.これから面白くなる要素は十分ある.

とくにαドライバーと呼ばれる娘とプログレスと呼ばれる娘が一体となって戦うのは本当に性癖に刺さるので最高ですね.
ビビッドレッド・オペレーションでも女の子と女の子がドッキングしたシーンで私は天に召されたのでもうね,こういうの大好きなんですよ.
設定は神オブ神という感じなので期待大の作品なはずなんですが.


まだ30分に感じただけなので.

ちなみに推しキャラはナイア・ラピュセラちゃんです.

アンジュ・ヴィエルジュ

 

 

突然ですがみなさんはアンジュ・ヴィエルジュという作品をご存じだろうか.


名前だけは聞いたことがあるという人もいるかもしれない.
私も名前を少し聞いたことあるだけであった.
だが私のそんな日々も終わりを告げる.


Love is My Rail

 

鈴木このみの代表曲の一つ.
一度聞いてからはあまりの神曲ぶりにとりこになってしまう(最近では毎日聞くほどには中毒になっている)この曲だが私はここでアンジュ・ヴィエルジュというものの沼へと使っていくことになる.

私がアンジュ・ヴィエルジュにハマっている一要素としてその響きの良さがあげられる.
皆さんもぜひ自分の口で”アンジュ・ヴィエルジュ”と呟いてみてほしい.
アンジュ・ヴィエルジュアンジュ・ヴィエルジュたらしめているのはそのアンジュ・ヴィエルジュという名前ではないだろうか・
私はアンジュ・ヴィエルジュという美しい名を一目見て以降アンジュ・ヴィエルジュ見たいとしか呟けなくなってしまっていた.

 

2つ目の要素として私はアンジュ・ヴィエルジュに出てくるキャラクターの中に男見受けられなかったところも私がアンジュ・ヴィエルジュに魅了された点である.
やはり女と女の友情・愛情は美しい,そこに男の割り込む余地はない.
当然の理である.

 

最後にアンジュ・ヴィエルジュにはクソアニメ勢の好きなポイントを絶妙に抑えておりこのクソアニメ加減が私にとっては絶大な効果をもたらした.

毎日アンジュ・ヴィエルジュについて思いを巡らせている私であるが満を持してアニメ視聴を開始していこうと思う.
また,できる限りブログとしてまとめていきたい.

「はじまりの可能性」

「はじまりの可能性」

 

2018年夏アニメ3

夏アニメの感想.前回の続きです.ラボで暇だったので色々書いていきます.ラボからの更新です.

音楽少女
適度なクソさが癖になる作品. 最終話すごい好きだったりする.最終話のウオリちゃんのアイドル舐めんなで涙を流したのは有名な話.OPEDが最高なのが素晴らしい.作画崩壊もクソさを出していて個人的にはポイント高い.夏アニメのお気に入り.私も心の中に女子高生を飼って踊りたい人生だった.

 

 

 

永遠少年(期間限定盤)

永遠少年(期間限定盤)

 

 

はたらく細胞
オルガ細胞やノーベル賞や働かない細胞(syamu_game)など人気になる要因は様々なこの作品.世間的には2018年夏アニメを代表する作品であろう.血小板ちゃんはかわいいし.オルガとマクギリスのせいでそれにしか聞こえない.マクギリスの演説すごい好き.

ゆらぎ荘の幽奈さん
今のジャンプではやっている作品の研究.対魔忍みたいな娘すき.OPEDすごいすき.364364回くらい聞いた.毎週安定して見られたアニメの一つですごいなろう感もあり実家のような安心感の作品.毎期ゆらぎ荘をやれ.

進撃の巨人

般教の履修は大事.分割2クールだということを知らなかった.OPEDすごい好き.さすがの進撃クオリティ.BGM良し作画よしで内容も非常に面白くて毎週楽しみにしていた作品.来年4月からの2クール目が楽しみである.

あそびあそばせ
安心と信頼のギャグ枠.頭空っぽにして見られる作品.汚いちおちゃんの通学路.声優さん喉大丈夫か大丈夫か?こちらも楽しみ枠.鬱々の月曜日にやっていたということもあり月曜日の鬱を吹っ飛ばしてくれるような素晴らしい作品であった.オリヴィアちゃんすき.JCはかわいいなあ.作者は脳みそ大丈夫か?

 

 

とりあえず5本分書いたので終わります.夏アニメ振り返ってみると色々アニメがあっていいですねえ.

2018年夏アニメ2

お久しぶりです.2018年夏アニメも終わり秋アニメが始まり始めましたね.ブログの更新が遅れてしまったので夏アニメ終了からもうすぐ1か月が経とうとしていますが,夏アニメについて1言づつ感想を書きなぐっていきたいと思います.


少女☆歌劇レヴュースタァライト

夏アニメで1番楽しみにしていたアニメ.金のあるブシロードが作成したということもありクオリティが高い.まず演出が美しい.魅せ方が視聴者を引き込むような形で12話だれることなく常に最高の状態にあったこの作品.わかります.麒麟さんは視聴者の代弁者.素晴らしい.毎話毎話更新分を見ると言葉を発せなくなり無言で2週目を見てしまう日々が懐かしい.真矢クロは正義.真矢クロの尊さの前に僕は天国に行きかけた.まひるちゃんの成長ぶりに僕は何度も涙した.ぜひ見てほしい.OPEDは今でもループして聞いているレベル.Star Divineはやばい.舞台観に行かなきゃなあ

 

少女☆歌劇 レヴュースタァライト Blu-ray BOX1

少女☆歌劇 レヴュースタァライト Blu-ray BOX1

 

 

はるかなレシーブ

こちらも非常にクオリティの高い作品.今カノの前で元カノの話をし元カノの前で今カノといちゃつくかなたとかいう女ほんまほんま.各キャラの心情,成長がとても丁寧に描かれていて金曜日の生きがいになっていた.金曜日は先述のレヴュースタァライトはるかなレシーブと毎週最高の作品を見せてくれて1週間の締めくくりをとても楽しみに待ち望んでいた.はるかなレシーブはこれから何かあるときふと見たくなるような帰ってきたくなるような作品であった.

ちおちゃんの通学路

癒し枠.実は毎週とても楽しみにしてた作品.きれいなあそびあそばせ.ギャグが私のツボに的確にクリティカルヒットして終始大笑いしていた.ブラッディバタフライ回は特に好き.ちおちゃんの身体能力を分けてほしい.そうすれば私もスタイリッシュに通学ができるのにな.信号待ちでバスが目の前で行くこともなくなるのに.ゲームの主人公みたいなかっこいい動きしてえよなあ.こちらも金曜日枠の作品.

異世界魔王

高級スマホとはよく言ったものでこちらも非常にクオリティが高く丁寧な作品.安心してみていられた.同時期には七星のスバルや百錬がやっていたがこちらは優等生という印象.優等生ゆえに何か物足りなさは非常に感じてしまった.私が百錬にはまったのが悪いのかもしれない.こちらも金曜日アニメ枠.いや金曜日のアニメ優秀すぎる.

七星のスバル

伝説の作品

広報担当の起こした消えた少女事件.アニメ史に刻まれる円盤売り上げ58枚事件.このアニメをリアルタイムで追っていた私の偉大さを身に染みてほしい.この作品が後世に語り継がれる限り私は伝説に近づける.そんな気がする.私の価値を上げた作品.内容はソードアートあの花オンラインと言われながらも嫌いではなかったりする.OPEDがいいのもgood.これも金曜日のアニメ枠.

 まとめ

疲れたので本日の更新分はここまでとします.5作品づつレヴューしていこうと思います.あと3回ありますね.それまでに秋アニメが終わらないといいですね.秋アニメももうすぐ3話が終わっていくのでそちらのほうの感想も書いていきたい.が,アニメを見るのに忙しくて時間がない.本日は金曜に更新していたアニメについて書きました.20本のうち5本が金曜日にある.これって,勲章ですよ...金曜日がここまで幸せだったのもひとえにレヴュースタァライト,はるかなを筆頭とする素晴らしいアニメたちのおかげです.感謝しかありません.それでは本日はこの辺で.